their site/ your sight プロジェクト

ty2005_03m

スナップ写真や、既成の雑誌の中の人物や乗り物、建物等を切り立て、ポップアップの様に立ち上がらせる。2D(平面)の中のモチーフの持つスケールを立ち上がらせる事により、3D(立体)として存在させ、そのスケールギャップを明らかにする。

その時、観覧者は2Dの世界での奥行きやスケールを自らコントロールしている事に気がつき、また新たに作品が存在する空間での認識の行き来を明快に理解する事ができる事を狙った作品。

この作品は、インスタレーションでの展開と同時に、一度立体に起こしたモチーフの有り様を明快にさせる為に写真作品としての展開も継続。

The main activity from 2000 to 2007

2007
The third gallery Aya
2005
マルチプルチョイス
2005
ENTANGSOGADE 4 UDSTILLING
2003
drive with him/妄想ドライブ
2002
TREES/TREES/植樹的行為
2001
their site/your sight (since 2000)
2000
their site/your sight (since 2000)

2007 their site/your sight (since 2000)

  • ty2007_01
  • ty2007_02
  • ty2007_03
  • ty2007_04
  • ty2007_05
  • ty2007_06
  • ty2007_07
  • ty2007_08
  • ty2007_09

2005 マルチプルチョイス

  • ty2005_01m
  • ty2005_02m
  • ty2005_03m

2003年に、雑誌での作品を制作した直後から、「雑誌を散乱させたインスタレーションをしたい」と機会を待っていた。2005年、古い家屋を改築したギャラリー「マルチプルチョイス」にて、その念願が叶った。マルチプルチョイスは、壁は白く塗り、床は板張りになっていた。窓はそのまま、旧式の木枠の窓であったので、少し日常的な雰囲気が残っていた。あえて、その床にカーペットを敷詰め、あたかも持ち主のいる部屋のように改装した。一見、片付けられていないような雑誌の山。それぞれに目を凝らすとその中の人物たちが立ち上がり、ポーズをとったり、動いたり、しているのに気がつく。

雑誌の中の写真、人物、風景は、日常の生活の中で手のひらにとり、ページをめくって鑑賞される。そのため、身体的にもスケールギャップを感じる事が出来るものである。また、膨大な情報が何層ものレイヤーになりおさめられている。切り抜かれたモチーフの「穴」のほうには、次ページのイメージやテキストが顔をのぞかせる。

それは、あたかもモチーフの陰のように見え、また雑誌の構造を物理的にだけでなく、「情報」の象徴として示す事を可能にした。

「情報」のアイコンとして、今回の材料である雑誌が機能する事により、現代社会の中で、「視覚」と「情報」との関係も示す事が出来た作品。

この展開は、2006年の川崎市民ミュ−ジアム等でも継続している。

2005 ENTANGSOGADE 4 UDSTILLING

  • ty2005_01e
  • ty2005_02e
  • ty2005_03e
  • ty2005_04e
  • ty2005_05e
  • ty2005_06e

2005年にデンマークの アーティストランスペース“EN TANGSOGADE 4 UDSTILLING”にて個展のため滞在制作をする機会を得た。プロジェクトの展開として、初めてスナップ写真によるインスタレーションを行った。日本で撮影されたスナップ写真(自ら撮影したものと、他人に撮影を依頼したものも含まれている。)を、現地のデンマークに持ってゆき、ギャラリーの空間に立ち上げる。

立ち上がる事で、日本の空間の中に存在していた、人、車、動物、標識などがデンマークの空間と混ざり合い、新しいランドスケープを作るというコンセプトであった。「観覧者(デンマークの人々)への日本からの「お土産」のように、機能することを目的とした。

また、日本で日常的に撮影されるスナップ写真が、文化の一つとして独特であり、それらが密集して配置される事で日本の情報の多さや、ビジュアルイメージがあふれている様子も表現した。

2003 妄想ドライブ/a drive with him

  • drive2003_01
  • drive2003_02
  • drive2003_03
  • drive2003_04
  • drive2003_05
  • drive2003_06

プロジェクト当初から、スナップ写真や葉書から立ち上げられたモチーフと、背景を組み合わせて再構成する為に、写真での作品制作を続けている。この「妄想ドライブ」は、撮影スタジオや特別な場所でなく、自分の移動とその時間の間に制作する事に関心が強かった頃に制作を思いついた。

旅行中のバンコクから、友人が私宛に送った絵葉書に写る「タクタク」と呼ばれる乗り物を、自分の自宅、そのまわり、また移動先で走らせるという空想を記録したドキュメント写真に仕上げた。

2002 TREES

  • trees2002_01
  • trees2002_02
  • trees2002_03
  • trees2002_04
  • trees2002_05
  • trees2002_06
  • trees2002_07

2002に名古屋市港区で開催された「@port02」にて発表した作品。町の活性化を目的に開催された企画であったため、初めて地域の商店とのコミュニケーションを重視し作品を制作した。

大きな車道にならぶ商店の前にある街路樹をスナップ写真にとり、その写真からポップアップ写真のように立ち上げる。それらの「街路樹」をもって、各商店を訪ね店主と相談して撮影場所を決め再度カメラに収める。出来上がった写真作品を今度は店内に飾ってもらい会期中、観覧者も店の客も作品を見る事ができる。

2001 their site/your sight (since 2000)

  • ty2001_01
  • ty2001_02
  • ty2001_03

2000 their site/your sight (since 2000)

  • ty2000_01
  • ty2000_02